リフトアップ化粧品

顔のたるみ対策まとめ

顔のたるみは何故できる?〜顔の筋肉編〜

身体に筋肉があるように、顔にも筋肉があります。この筋肉は肌の表面を支える役割を担っており、筋肉が衰えるとその上にある肌もたるんでしまいます。

顔には表情筋と深層筋という2つの筋肉があります。

表情筋は笑顔などの表情を作る筋肉で、皮膚のすぐ下にあるものです。

深層筋は表情筋の下、骨のすぐ近くにある筋肉で、表情筋を支える役割を担っています。

この2つの筋肉が衰えると、顔のたるみに繋がってしまいます。

表情筋の衰えは、その上にある皮膚を支える力が低下し、シワや顔のたるみを引き起こします。

表情筋の衰えを防ぐためには、普段から顔の筋肉を動かすように意識することが効果的です。

一方、深層筋の衰えは、その上にある表情筋を支えることができなくなり、肌の奥から顔のたるみを引き起こしてしまいます。

また、深層筋は肌に栄養を十分に行き渡らせるために重要な役割を担っており、深層筋が衰えることで肌が栄養不足となり、たるみだけではなく様々な肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

顔のたるみは何故できる?〜姿勢編〜

顔のたるみを引き起こす意外な原因に、普段の姿勢があげられます。無意識にしている姿勢が、顔のたるみを引き起こす原因となっているのです。

身体と同じように、顔にもいくつか筋肉があります。この筋肉は身体に直接繋がっており、姿勢の悪さは身体の筋肉を歪ませ、顔の筋肉まで影響が出てしまいます。

例えば猫背は、顔を前に突き出すような姿勢となっています。

この姿勢は、首の後ろ側の筋肉を縮ませてしまい、首の前部分は逆に伸びてしまうため、その上にある頬を下に引っ張ってしまいます。

頬の皮膚が引っ張られっぱなしになるとそれが癖となり、ほうれい線や頬のたるみなどの原因となってしまうのです。

また、長時間同じ姿勢でいることも、肌のたるみを引き起こしてしまいます。長時間同じ姿勢でいると筋肉が同じ方向へ引っ張られてしまい、顔の皮膚も引っ張られてしまうのです。

リフトアップ化粧品

顔のたるみが気になる方は、まず自分の姿勢を確認し、姿勢を正すことから始めてみてはいかがでしょうか。

顔のたるみは何故できる?〜肌の弾力編〜

顔のたるみができてしまう原因はいくつかあります。

そのうちの一つに、肌弾力の低下があげられます。

肌弾力の低下で一番気を付けたいのが、紫外線による肌ダメージです。

紫外線は肌の奥、真皮層にまでダメージを与え、ハリの元とのあるコラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す細胞を破壊してしまいます。

この細胞が破壊されると、肌のハリを作り出すことができなくなり、肌のたるみに繋がります。

特に顔は肌の中でも一番外部に晒されやすい場所なので、気が付かないうちに紫外線ダメージを受けているのです。

普段の生活習慣も、肌弾力を左右します。

肌のハリを作り出す細胞の正常な働きや生成のためには、普段の食生活が重要となります。

ハリの元となる良質なたんぱく質やビタミン類が不足すると、ハリを作り出す細胞も失われてしまいます。

また、睡眠不足も肌弾力を低下させます。ハリの元となる細胞は、良質な睡眠と十分な睡眠時間により作り出されます。

現代人は特に睡眠不足に悩まされている方は多く居ますが、健康だけでなく肌のハリを失わせる原因にもなってしまうのです。


Copyright(C) 2012 顔のたるみ対策まとめ All Rights Reserved.